賃貸では、ドアの交換は勝手にできません。ですから防犯対策の取られたドアかどうかを見極めます。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸のドアの防犯対策のレベル

住宅においては、玄関には鍵がついています。いくつ付いているでしょうか。一つが当たり前と考えている人はあまり防犯に対する意識が無いのかもしれません。現在は、鍵は複数付いているのが当たり前の時代になっています。2つは常識的で、もっとするなら3つ、4つとしていることもあります。なぜ複数あるかといいますと、侵入者がそれだけ作業しなければいけないからです。一つなら入ろうとされますが、二つ以上あると敬遠してもらえます。

侵入者を防ぐには、入りにくいと思わせなければいけません。賃貸物件においては、自分でドアを取り替えたりすることができません。既存のドアを使うことになります。そのことを考えてもどういったドアが付いているかで選ぶこともあります。ドアについていてほしいものとしては、ドアスコープがあります。こちらがあれば、訪問者が気たときに確認をすることが出います。安易にドアを開けずに追い返すこともできます。地味ですが便利な機能です。

ドアスコープに近いものとしてはドアチェーンがあります。こちらがあっても安易な侵入を防ぐことができます。高度な仕組みとしては、カメラ式のものです。インターホンが鳴った時点でカメラから訪問者を確認できます。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい