学生が賃貸に入る場合、大家さんとの交渉次第では有利な条件にしてくれることもあります。試してみることも大切です。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

大家さんに賃貸の交渉をすること

お金のない学生にとっては、月々の賃貸の家賃を払うことも精一杯だということも少なくないと思います。もう少し家賃が安かったら、せめてこの家賃でエアコンがついていたら、敷金・礼金が安かったら・・・などという、あとちょっと有利な条件だったら入居したい、ということもあるでしょう。そういう場合、大家さんにとっても少しの妥協は利益になることもあります。たとえばエアコンをつけてくれれば、というのであれば後の入居者に貸すというもそのまま使う事ができますから、決して無駄な出費になるとは言い切れません。少しインテリアを変えたいというのであれば、古い賃貸物件ならばかえって若い人たちの感性で人気部屋になるかもしれません。

このように、入居希望者からの要望に応えることは大家さんに不利益なことばかりではないのです。かえって少し妥協したら空き部屋がなくなって儲けが大きくなったりもします。入居希望者も無理ばかり言って困らせることはいけませんが、多少の希望ならば大家さんに交渉してみるといいかもしれません。また、最近では敷金・礼金などは払わなくても入居することができるという物件もあるようです。なるべくお互いに良い気分で使えるように条件を決めたいですね。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい