賃貸のリフォームは勝手にやってはいけないでしょう。良かれと思っても後で元通りにするために請求が来ます。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸のリフォームについて

賃貸に住んでいると一部リフォームをしたいと考えることがあります。キッチンがどうも使いにくいということやトイレが嫌ということです。しかし借りものですので気に入らないから勝手に作り替えたということは止めておいた方が良いでしょう。それは常識的なことかもしれませんがたまにちょっとくらいなら良いだろうと考える人もいます。もしも少しでもリフォームしてしまった場合には退去するときに原状回復をしないといけません。そこで大幅にやってしまったという時は高額な請求を要求されても仕方ないでしょう。

退去時に高額な請求をされるのは大概壊してしまったという場合です。例えば壁を壊したとか、猫がいろいろなところを引っ掻いたという場合です。ペット可の場合でも猫が引っ掻いたらかなり請求が来ると言えます。敷金は戻ってこないということが多いでしょう。猫だけは禁止というペット可の賃貸物件もあるくらいです。ですから賃貸は最初の形を変えてはいけないという原則があります。改良しようが壊そうがいずれにしても原状回復の対象になります。対象にならないのは経年劣化という場合です。これは使っていれば古くなるということでその部分は借りた人には関係のないことです。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい