賃貸不動産を借りるとき相手の言い分だけでお金を払うべきではありません。しっかりと交渉することが大切です。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸不動産を借りるときの交渉術

不動産を賃貸する場合、結構な資金が必要となってきます。敷金などを合わせると借りるだけで20万といったお金を要求されることもざらにあります。しかし、こちらとしても相手の言い分だけを飲むわけにはいきません。交渉することが重要です。普通は敷金礼金のほかに不動産仲介業者に手数料を払うことが普通でしたが、最近は不況もあってか、この手数料を大家さんが負担することが増えてきています。このことを知っていれば大家さんと交渉するときに有利だと思います。あわよくば手数料は大家さんに払ってもらいましょう。

また家賃に関しても実は交渉する余地はあります。もちろん大家さんも周りの賃貸不動産の家賃の相場などを研究して値段を設定しているので、大幅に値引きしてもらおうとしても無理です。ただ、交渉自体は無料ですのでだめもとでもやってみるべきです。実際に私の友人は雨水がドア下まで入ってくるところを指摘して、5千円ほど値引きしてもらったそうです。たかが5千円と思いますが、ずっとそこに住むとなるとかなり大きな額になってきます。しっかりと自分が納得できる金額を提示してお互いが納得したうえで契約するようにしましょう。後で失敗したと思わないためにも本当に交渉は大切です。