賃貸契約の際に支払う敷金ですが、これはどのようなことに使われるお金なのでしょうか。敷金について学びましょう。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸の敷金って何に使われるの

敷金とは、賃貸契約の際に事前に支払わなくてはいけない費用の一つです。敷金の使い道は、部屋の修繕費用や家賃に充てられます。借りた部屋は退去する時に原状回復をして返す必要があるのですが、その原状回復費用に敷金が充てられます。また、家賃の滞納をした場合にも敷金から家賃を補填します。敷金の支払額は賃貸によりますが平均して家賃の2〜3か月分です。例えば家賃が7万円なら、14万円〜21万円が必要ということですね。また、原状回復や家賃に敷金を充てて敷金を使い切ってしまい、更に費用が必要な場合は借主が足りない分を支払わなくてはなりませんので注意しましょう。ただ、使わなければ退去する時に返還してもらえます。

さて、そうは言っても敷金には問題もあります。それは、敷金の返還につてです。例えば綺麗に使ってきたのに、敷金が少ししか返還されない、または1円も返還されないということが少なくはありません。特に問題は原状回復に充てられる場合なのですが、どの程度が原状回復につながるのかが問題なのです。このトラブルを回避して敷金をきちんと返してもらうためには、賃貸に関する敷金問題について自分で知識を持って借りることが大切でしょう。