賃貸物件で構造的に見て強いことや、騒音の面でも遮音性に強い物件の事などを、いくつかあげてみました。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸物件で音に強い物件

賃貸物件の構造では、長所や短所があり、それぞれ特徴があります。騒音などに関してもそれぞれ強い物件とそれほどでもない物件、弱い物件などがあります。私の住んだ体験では、やはり木造が一番弱いように思います。全てが木で出来ていますから、どうしても音が響いてしまい、防音などでは殆ど無いようなもので、特に古い物件では、我慢するか、静かな住人に入居してもらうかしかないと思います。逆に強い物件ではSR,SRC構造が一番強いのではないかと思いますが、そうはいってもその物件の構造やその他の条件なども影響してくるので、何ともいえない部分もあります。最終的には自分で確認するしかないということですが、住んでいる人がいれば聞いてみるのも良いのではないかと思います。

SR構造の物件とは、鉄筋コンクリートの物件の略で、SRC構造とはそれに鉄骨を組み合わせた構造になっています。頑丈ですが、例えば解体するときなどには、木造よりも費用がかかるのが難点です。しかし頑丈なため、長持ちすることは間違いないですし、天災などにも、特に地震などには、木造より丈夫で壊れにくいということになりますので、安全性から見ると、安心して住むことができるということでしょう。メリット・デメリットは何にでもあるものです。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい