賃貸においては、窓のサイズを測っておくようにします。入居早々にカーテンを設置することができます。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸を決めたら窓のサイズを測っておく

一戸建ての住宅では窓はどれくらいあるでしょうか。結構たくさんあると思います。それぞれの部屋にあり、トイレや浴室などにもあります。小さな小窓であったり、風を通すための窓もあります。それらの窓については、そのまま日差しなどが入っている状態でしょうか、また、外から中が丸見えの状態でしょうか。窓ガラスによっては、すりガラスのようになっていて中の様子が細かくはわからないようになっていることもあります。でも日差しは遮れません。

冬には日差しはありがたいですが、夏は日差しは遮る必要があります。賃貸物件を利用するにあたっては、窓にはカーテンを付けることになるでしょう。このとき、よくあるのは住み始めてからつければいいと思ってしまうのです。もちろんそれでも遅くはないのですが、できれば入居したあとすぐに取り付けたいです。そこで、入居が決まったら窓ガラスの部分を計っておきます。それによって、入居したときに最初にカーテンを取り付けられます。

カーテンについては、カーテンレールが付いていることもあればついていないこともあります。ついていなければ自分でつけますが、それについては大家さんに確認する場合があります。一応聞いておいたほうが無難です。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい