大都市の国際都市化につれて増加する外人客を対象として新しい賃貸形式の住まい方が都心の一等地に登場してきました。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

国際都市化につれて都心の一等地に登場した新賃貸形式の住まい方

大都市圏には最近、海外から仕事で来日する外国人の増加をチャンスと見て、長期滞在する人向けに賃料が周辺の賃貸マンションより割高でもホテル滞在より割安で、室内の広さや設備面の優れたサービスアパートメント(以下、SAと略します)という賃貸物件が徐々に出現してきたのです。元々、外人客の出入りの多いシンガポール等の国際都市に広がっていた住まい方のようです。SAは日本型の賃貸形式と違って礼金や敷金なしで生活に必要な家具類一式がついている上にキッチン付きなので自炊ができるのです。また、ホテルのようにフロントマンがいてフロントサービスが受けられるので、海外から来て周囲の事情に疎い人の場合でもその日から生活できる点が配慮されているようです。

SAの仲介業者が部屋所有者と利用者との間に立って一定期間の賃貸借契約を締結するので、利用者は都心部の一等地でマンスリーマンションと同様の便利で快適な住まい方ができるようです。付加価値がついている分で賃貸料が割高であるため、入居希望者が限定的な市場でしょう。従って、SAの部屋所有者は経済動向により賃貸料収入が大きく影響を受ける傾向の大きいことが否めないでしょう。経済のグローバル化が進み、大都市に海外から出張等で来日する外人客が増えれば入居希望者が増えるはずですが、逆の場合には入居希望者の激減する可能性もある賃貸借形式といえます。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい