賃貸物件の探し方、不動産屋の選び方、家賃の交渉範囲など、素人でもあらかじめ知っておくと得するポイント。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸物件をさがすためのコツ

新しい賃貸物件をさがすために、どの不動産屋を選んだらいいか悩まれる方、けっこう多いのではないでしょうか。しかも、縁のない土地で探そうとしているなら、尚更ですよね。もちろん、これから住む街なのですから実際に足を運んで、地元の不動産屋から良い物件を紹介してもらうのが一番です。

さて、不動産屋さんを選ぶのにも、守備範囲の広い大手にするか、地元にしかない優良物件を知る地域密着型にするか悩みますよね。しかし、最初から不動産屋を一社だけに決め込む必要はありません。複数の不動産屋から情報をもらうことがよい物件さがしのポイントなのです。よい物件を見極めるには、できるだけたくさんの物件を自分の目でみて、周辺環境や、相場などのチェックをすることです。いい物件だから、急がないととられちゃいますよ、なんて言葉は不動産屋の常套句ですので、惑わされずに納得のいく物件を探しましょう。

家賃とは、一般的には交渉が可能な場合が多いのをご存知でしょうか。最も家賃交渉がしやすいのは夏で、もともと提示されている相場から、5千?1万円も安くなる場合もあり、特に8月がおすすめです。夏以外の引っ越しの場合は、家賃だけでなく、礼金にも目を向けてみることをおすすめします。部屋のオーナーは、毎月の家賃収入に関しては気を使いますが、礼金に関しては実はあまり意識していない場合も多いのです。部屋を借りる場合は、2年契約が鉄則です。家賃を少しばかり下げてもらうよりも、礼金を2ヶ月から1ヶ月に下げてもらう方が、2年間の合計支出金額としては得になるケースも実は多いのです。即日で契約をせずに、その辺の計算も兼ねて一度持ち帰ってよく吟味しましょうね。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい