分譲マンションで賃貸という場合があります。こういう物件を借りる場合の注意点について説明しました。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

分譲マンションの賃貸を借りる場合の注意点

分譲マンションなのに賃貸物件という場合があります。そもそも分譲マンションとは元々は賃貸のための物件ではありません。マンション一棟を建ててそれを分けて売り出すというタイプのものですので賃貸用ではないのです。ですから分譲マンションのオーナーというのは不動産業者であることは少なく、個人である場合が多いです。このことがどういうことを指すのかと言えば、管理に慣れていないということが言えます。分譲マンションを買ったは良いが住まないことになり誰かに貸そうという程度の認識で賃貸をしている人もいますので正直に言えばトラブルになりやすいです。特に退去時などは原状回復を巡り意見の相違が出ることもよくあります。

それは貸している人が悪いということではなく、やはり対応に慣れていないということが原因です。住居というものは年数が経てば古くなりますし、人に貸すという事自体、非常に難しいものです。だから業者がいるという訳です。新しい物件程他人に貸した後、数年経つと部屋の様子が変わってしまったと思いがちです。自分が住んでいればまた違うのでしょうが他人が使った後というのは悪く見えがちです。そういうことで売れ残った分譲マンションを業者が貸しているという場合は借りても良さそうですが、個人で貸そうとしている分譲マンションの場合は余りおススメできません。オーナーを確認できない限り借りるには向いていないと思われます。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい