賃貸物件契約を行う際には保証人が必要となりますが、家賃保証会社を付けるように言われる場合もあります。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸物件契約と家賃保証会社

賃貸物件を借りる際に、大手の不動産会社、チェーン店を利用していた場合、家賃保証会社を付けるように言われることが多いです。長引く不況による経済状況の悪化から、家賃の滞納が増えてきて、連帯保証人でさえも、その分を支払うことがむつかしくなってきたことから、保証会社のニーズが増えてきました。

不動産会社としても、家賃保証会社に加入させることによって手数料を得ることができるので、積極的に勧めてくるのが現状です。審査にあたって、保証会社にどんな情報が登録されているかと言えば、氏名や前の住所、電話番号や、免許証などの個人を特定するもの、保証対象となる物件についての情報などの他、代位弁済残高といって、依然滞納したままの家賃などがある場合にはその残高なども登録されます。

保証会社は基本的に、その審査基準としてクレジットカードを持てる人物かどうかということを判断基準としているようです。特に信販系の保証会社に登録する際には、加入と同時にクレジットカードの申し込みを勧められることがあるようですが、これを断って入居審査を行うと、保証会社が信用情報を取り寄せられなくなるので、審査が通過しやすくなるといったこともあるようです。ただ、これはあくまで基本であって、審査の基準や方法は、保証会社によってまちまちというのが実態です。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい