賃貸は10数年居住しましたので、何件が引っ越してきました。その経験から気づいたことを記述します。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸住宅を選ぶときに気をつけたいこと

現在は、持ち家の一戸建て住宅に住んでいますが、それまでは賃貸住宅に居住してきました。その間、何回か引っ越してきましたので、だんだん賃貸を選ぶときに気をつけた方がいいことがわかってきました。東京で一人暮らしをしていたときは、アパートなどを紹介する雑誌を購入して、場所と家賃だけで見当をつけて、不動産屋に行って、内部の写真を見ただけで即決しました。実際住んでみるとアパートそのものには問題なかったのですが、大田区大森の山王の丘陵地帯で、その中腹に位置していたので、駅まで歩いて行くのが大変でした。選んでいる時間がないこともありましたが、やはり現地を見ることだと思いました。

その後は結婚してからの賃貸ですので、家内の要望も聞いて、実際に見せてもらうことにしました。良さそうな物件があったときは、不動産屋に連絡して、とりあえず平面図で間取りを確認し、実際現地にいってから決めました。ただ、物件を見に行く時は、休日の、日中ですので、夜間の音の響き方や平日の日中の騒音がわからなかったので、結局引っ越すことになりました。賃貸を決めるときは、日時をかえて行ってみないとわからないと思いました。ただ、不動産屋も、早く決めないと他の人が決めちゃいますよとうまく誘導するので、なかなかうまくいきません。