賃貸契約の形式は様々です。本契約が決まっていない段階でも契約金の振込みを催促される場合もあります。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸契約と契約金の振込み

賃貸契約の形式は様々で、その業者によって違いがあると言えます。例えば契約金の振込みというものがあります。通常は契約が本決まりする時に振り込むものなのかもしれません。しかし引っ越しシーズンの場合はかなり急いでいる場合が多く、また急なキャンセルが入ると困るので契約金を仮契約の段階で振り込んでくれという形になる場合もあります。これは当然、そういう形で契約をしましょうという前段階の契約に双方が同意して成り立つものと言えます。ですから本決まりしない限りはお金は振り込めないと借り手の方が考えるならば契約は成立しないと言えます。

要するに繁盛期には借り手が不利な形になることが多いと言えます。信用のおけない不動産業者というものもあるのかもしれません。そういうところには契約が本決まりしない限りはお金を振り込みたくないと思うのは普通のことです。そう感じるなら焦ってお金を振り込まない方が良いとは思います。ただ慣習的には引っ越しシーズンの繁盛期はそういう契約が多いですので仮契約の段階でお金を先に振り込まないといけないということが多いと思います。それが嫌な場合は引っ越し時期をずらして本契約の段階でお金を振り込むという形にしてもらうと良いと言えます。