借主は賃貸を退去する場合に原状回復をして返還する義務があります。そのために使われる敷金について紹介しましょう。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

敷金の返還と賃貸の原状回復

賃貸を借りた借主は、部屋を退去する時に部屋の原状回復をして返すのが義務となっています。要するに、借りたときと同じ状態に戻して返さなくてはいけないということですね。さて、この原状回復にかかる修繕費に敷金を充てるのですが、修繕の必要がなければ敷金は全額返還されます。しかし綺麗に使って大きな修繕は必要ないはずなのに、敷金が返還されないというトラブルが年々増えているのが現状です。その背景にはインターネットによる情報の流通があります。実は原状回復には定義があり、「生活上、回避できない痛みについては原状回復の必要はない」とされてます。そういった知識を借主が得ることができる時代になったため、敷金の返還トラブル増加につながっているのです。

では、生活上の避けられない痛みとは具体的に何かですが、「畳の日焼け」「床の細かい生活傷」「壁紙の色あせ」などがあり、さらにハウスクリーニング代は原則として大家さんが補填すると決まっています。しかし畳みの張替えやハウスクリーニング代を敷金から取られることは一般的です。これでは敷金なんてどれだけ綺麗に使おうが戻りっこありませんね。敷金を返してもらいたいと思うのなら、予め知識を持ち、賃貸の契約内容をよく理解してから契約をしましょう。

最近の急上昇ワード賃貸の情報は深く知るならココを一度覗いて下さい