賃貸を利用する上で、電気の契約容量について決める必要があります。少なければ基本料金なども少ないです。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸を利用するときに電気の契約容量を決める

ドライヤーをかけながら掃除機をかけたりすることがあるでしょうか。とても急いている朝などにそういったことがあるかもしれません。こうなったら困ると思うことが重なることはあります。しかし、それ以前に経験していないと、その後どうなるかがわかりません。いざやってみると、一瞬にして音が静まり返りました。すべての電気製品が止まってしまったようです。電気がショートしてしまったようです。容量をオーバーしてしまったのです。

電気においては、契約容量があります。それによって固定部分と従量部分が決まっています。あまり使わないのなら、契約容量は小さいほうが良いです。しかし、万が一たくさん使ってしまったとき、突然切れてしまうことがあります。賃貸物件を利用する時は、新たに電気の契約をすることになりますから、契約容量について考えることになります。ワンルームマンションで暮らすくらいであれば、30アンペアぐらいで十分と言われています。

家族が多かったりすれば、それだけ同時に何かを使う可能性も出てきます。それに対応してもう少し多めの契約をしておくこともあります。基本料金はアップしますが、いつ切れるかとビクビクしながら使うことはありません。