賃貸物件は、コンセントの位置を調べます。位置によって、延長コードだらけになってしまうからです。

優良な賃貸住宅物件と巡り合うために

賃貸物件でコンセントやスイッチの配置

昔はテレビといいますと一家に1台だったでしょう。居間などに置かれて、家族で一緒に見ることになります。一番偉い人がチャンネル権を持っていますから、それ以外の人はそれに従うことになります。少し流れが変わってきたのは録画機が登場してからです。これによって裏番組の録画ができるようになりました。そのときに見ることができなくても、別の時間に録画したものを見られるようになったのです。さらに、テレビの複数台化が進みます。

すると必要になるのがアンテナ線です。賃貸物件においては、コンセントやスイッチの配置が気になります。また、アンテナ線もどこから引き込めるかがあります。コンセントが複数あれば、それぞれ近いところから電気を取ればよいですが、少ししかない場合はそちらに集中してしまいます。延長コードなどを使う必要が出てきます。下手をすると、部屋中に電気コードが這わされるようなこともあります。引っ掛けやすくなる事があるのです。

電気のスイッチなども高さが適切かです。トイレやバスルームなどはスイッチ式になっているでしょう。子供がいるとき、子供でもスイッチが押せるところにあるかです。大人用になっているでしょうから、小さい子供には無理なことも多いです。